使い方

FXGTでMT5と連携する方法とは?登録と取引方法を解説

FXGT-MT5

FXの取引には様々な種類があり、まだ経験が浅い方にとっては、どのような方法でどのような取引をするのがベストか分かりにくい部分があるかと思います。
そんな方にとって重要なのは、どのようなアプリ、ソフトで取引を行うかということです。
FXGTという取引所を利用する場合、MT5というトレードソフトを利用する形になります。
今回はMT5の使い方や使う際のポイントを中心にまとめてみました。

FXGTとはどんな取引所?

まずはFXGTという取引所について簡単に解説しておきましょう。高いレバレッジや安心のサポート体制など、初心者から上級者まで安心して利用できる取引所になっています。

2019年12月開設の海外取引所

FXGTは2019年12月に開設された取引所で、数多い取引所の中でも比較的新しい取引所です。本拠地はセーシェル諸島にあり、セーシェル諸島で金融ライセンス(金融ライセンス番号:SD019)を取得している取引所となっています。

最大レバレッジ500倍・追証なし

FXGTは日本国内の取引所ではなく海外の取引所なので、レバレッジの上限25倍の対象外です。FXGTのレバレッジ上限は500倍。少ない投資で大きな勝負をすることが可能です。かつ最低ロットは0.01ロットと非常に低く、初心者や経験の浅い方でも安心して投資することができます。少ないリスクで大きなメリットが狙える取引所といっていいでしょう。

いわゆる借金のリスクに直結する追証はナシ。こちらも安心して投資を楽しめる大きなポイントとなっています。

各種キャンペーン実施中

FXGTでは2020年1月31日まで3つのキャンペーンを実施中です。初回口座開設で100ドル、初回入金で200%ボーナス(最大600USD)、そして2度目の入金でも200%(最大600USD)のボーナスをプレゼントしており、初めてのFXには非常にありがたいキャンペーンとなっています。

また、期間を限定しない通常ボーナスとして、3度目以降の入金のたびに30%(最大5,000USD)のボーナスが貰えます。

 

 

FXGTにアカウントを作ろう

では、実際にFXGTにアカウントを作成する手順をご紹介しましょう。基本的な手順は「登録」→「メール認証」→「本人確認」の3段階。簡単な手順でアカウントの解説はできますので、順を追ってみていきましょう。

FXGTのサイトでアカウントを登録

まずはFXGTのサイトから、アカウント登録の画面に行き、氏名・メールアドレス・パスワードを登録します。登録後、登録したメールアドレスにメールが届くのでメールを確認しましょう。

メール認証を行いアカウント登録完了

登録したメールアドレスに届いたメールを開くと、メール認証のボタンがあるのでクリック。メール認証が終わるとログインページに移動することができるようになります。

本人確認・住所確認書類の提出

ログインしたらダッシュボードへ。ダッシュボードに行くと「情報を入力してください」と書いてある黄色いバーがあるので、ここをクリックします。
黄色いバーをクリックすると、アカウント認証状況画面が表れます。この画面の上段「アカウント認証状況」の脇に「情報を入力してください」という黄色いバーがあるので、こちらをクリックして氏名・住所など必要な個人情報を入力しましょう。

本人確認書類
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
住所確認書類
  • 住民票
  • 公共料金の請求書
  • 電話料金の請求書
  • クレジットカードの請求書もしくは明細書

本人確認書類と住所確認書類は上記の通り。画像を取り込み送信することで申請は完了になります。

MT5で口座を開設しよう

FXGTでアカウントを作成しただけではトレードは始められません。アカウントの登録が完了したら、トレードツールであるMT5をダウンロードし、MT5で口座を開設しましょう。

スマホやPCにMT5をインストールしよう

MT5はお使いのPCはもちろん、タブレットやスマホでも使用できるトレードアプリです。PCであればダウンロードページから、スマホであればApp storeなどからダウンロードしましょう。

FXGTのダッシュボードからMT5アカウントを選択

MT5がダウンロードできたら、FXGTのダッシュボードから「MT5口座を開設する」に進みましょう。

MT5に口座を開設する

最初の口座を選択しますが、ここは「ライブ口座」を選びます。デモ口座はお金を入れずにトレードをシミュレーションするための口座になるので、選択しても実際のトレードは行えません。

証拠金にする通貨を選択する

続いて口座に入金する通貨を選択します。お持ちの仮想通貨、もしくはJPYなど、FXGTのトレードで使用する通貨を選択しましょう。また、MT5では複数の口座を開設できるので、仮想通貨用の口座とJPY用の口座を別に開設することもできます。

レバレッジを選択する

レバレッジの選択はご自身の状況に合わせて行いましょう。特に条件がない場合は、200倍あたりから始めるのがオススメです。レバレッジは後からの変更も可能になっています。

トレードIDとパスワードを取得

レバレッジの選択まで完了させると、トレーディングアカウントの準備完了画面が表示されます。画面の右下にトレーディングIDとパスワードが表示されるので、メモまたはコピーしておいてください。

MT5アプリにログインしID・パスワード・サーバーを入力

ここまでの手順はすべてFXGTの画面で完了します。トレーディングアカウント(IDおよびパスワード)を入手したら、ダウンロードしていたMT5を立ち上げましょう。MT5の「設定」から「新規口座」を選択します。

FXGT新規口座
新規口座の画面で、まずはサーバーを選択します。サーバーの検索窓に「360」と入力すると「360 Degrees Markets Ltd」が出てきますのでこのサーバーを選択してください。初期設定では「Demo」になっていますので「Live」に変更しましょう。
その後トレーディングIDとパスワードを入力すれば準備完了で、いよいよ入金という形になります。

FXGTログイン

MT5への入出金方法

FXGT、MT5の初期設定が完了したらいよいよ入金です。入金に関しては直接MT5の口座に入金するのではなく、一度FXGTの口座に入金し、FXGTの口座からMT5の口座に入金する形になります。

FXGTからMT5に資金を移動させる

まずはFXGTに入金する手順を簡単に解説しておきましょう。
FXGTのトップ画面から、「入金」もしくは「eWalletに入金」のどちらかを選んでクリック。ここでは仮想通貨からの入金を紹介しましょう。
入金を選択した後、仮想通貨Walletから送金を選択。ご自身がお持ちの仮想通貨をeWalletに送金します。仮想通貨をeWalletに送金する処理は数分~数時間で完了します。他の入金方法の手数料と送金時間をまとめておきましょう。

手数料 送金時間 対応時間
仮想通貨 トランザクション料 数分~数時間 24時間
クレジットカード 入金時の4% 即時 24時間
銀行入金 海外銀行送金手数料 3~5日 平日15時まで

FXGTのeWalletに証拠金となる金額の送金が終わったら、今度はFXGTの口座からMT5の口座に移す手順に移ります。証拠金をMT5に移動させるには、FXGTのトップページから、「MT5アカウント」をクリック。さらに「資金移動(eWalletからMT5へ)」をクリックします。
資金移動の画面で証拠金を選択し、移動させる金額を決定します。これで資金の移動は完了です。ここまでいけばFXGTでのトレードが可能になります。

MT5からFXGTに資金を移動させる

実際にトレードを行う前に出金の方法も合わせて紹介しておきましょう。
FXGTのトップページから「MT5アカウント」をクリックし、資金移動の画面を表示させます。ここで「資金移動(MT5からeWalletへ)」を選択して出金の作業を開始してください。
資金移動でいくら移動させるかを選択して、「資金移動(MT5からeWalletへ)」を選択すれば移動処理完了です。
ただし、MT5からewalletに資金を一部でも移動させた時点で、入金キャンペーンなどで受け取ったボーナスは消滅してしまいます。出金処理を行う時は、この点を十分留意して行うようにしてください。

MT5からFXGTの口座に資金を移動したら、今度はご自身の手元へ出金させる方法に移ります。
FXGTのトップページから「eWallet」のページに移動。現在FXGTの口座に入っている金額が表示されます。この中から出金したい口座の右上にある「…」をクリック。出金もしくは全額出金を選択してください。
出金画面で出金先をbitWalletか銀行口座かを選択します。bitWalletはFXをするには非常に便利なネット上の入出金システムになるので、まだ登録していない方は登録することがオススメです。

出金先と出金金額を選択すると、次の画面に移ります。ここでは、ステップ1で仮想通貨の場合は「口座のアドレス」が間違っていないか確認してください。ステップ2は基本的に未記入で問題ありません。ステップ3はすべての項目にチェックをいれればOK。すべてを確認したら一番下の「次へ」をクリックします。
するとFXGTへの登録時に登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。確認メールの中にセキュリティコードが記載されていますので、そのセキュリティコードをコピペしましょう。
これで出金の処理は完了です。ちなみに出金方法別の出金最低金額、必要な時間、手数料などは以下の通りです。

出金方法 最低出金金額 手数料 必要な時間
銀行口座送金 10,000円 無料
※ただし出金先銀行でリフティングチャージ(2,500円)が必要
3~5営業日
bitWallet 500円 無料 24時間以内
仮想通貨 500円相当分 無料
※トランザクション手数料あり
数分~24時間以内

MT5で取引をしよう

では実際にトレードをしてみましょう。FXGTには株式銘柄などもありますが、ここでは通貨トレードについて紹介しておきます。

気配値をクリックして通貨ペアを表示

MT5のトップページから「気配値」を選択すると、各通貨ペアの気配値を見ることができます。気配値にはシンプルモードと詳細モードがありますが、まだトレードに慣れていない、FXGTに慣れていない方は詳細モードで見るといいでしょう。
シンプルモードでは各通貨ペアの売り買いの気配値のみを見ることができ、詳細モードでは各通貨ペアの安値、高値、スプレッドも確認することができます。

FXGT気配値

トレードをクリックして+をクリック

購入する通貨ペアが決まったら「トレード」をクリック。すると証拠金の残高を表示する画面に移行します。画面右上の「プラス」をクリックすると、購入画面に変わります。

FXGTトレード

取引した通貨ペアを選択し購入

FXGT購入
トレードの注文画面の各項目について解説していきましょう。まず最上部で取引を希望する通過ペアを選択します。その下で取引の方法を選択します。

成り行き注文 現在の価格で注文
Buy Limit 現在の価格より安くなったら買い注文
Sell Limit 現在の価格より高くなったら売り注文
Buy Stop 現在の価格より高くなったら買い注文
Sell Limit 現在の価格より安くなったら売り注文
Buy Stop Limit 買いストップリミット
Sell Stop Limit 売りストップリミット

FXトレードに慣れている方は、その時の状況に合わせた選択を、まだあまり経験がなく判断が難しいという方は成り行き注文を選択するといいでしょう。
「注文数量」はいくら買うかを選択するので、お手持ちの予算に合わせて選択します。ここまで完了したら一番下の「買い」、もしくは「売り」を選択すればトレード注文完了です。
「買い」「売り」を選択する場所の上段にある「ストップロス」「テイクプロフィット」はいわゆる「損切」「利確」の設定です。この設定はしなくても注文自体は可能となっています。トレードに慣れて設定をしたくなったら活用するようにしましょう。「損切」「利確」に関しては意向で簡単に解説します。

取引のポイントを覚えよう

実際の取引を設定するにあたって、知っておくと便利なMT5の機能や、トレードの基本的な知識となる「損切」「利確」について簡単に触れておきましょう。

必要な通貨ペアだけ表示させよう

まずどの通貨ペアで勝負するか選択する画面の設定に関してですが、FXGTでは50の通貨ペア取引が可能になっています。それだけ様々な状況に合わせた投資ができるということを考えれば非常に便利なのですが、数が多すぎると感じる時があるかと思います。
例えば通貨ペア選択時に、自身が投資する、もしくは投資を考えている通貨ペアが5種類しかなく、参考までに数値を確認したい通貨ペアを含めても10種類しかないとします。その場合、他の40種類の通貨ペアに関しては表示自体が邪魔になることもあるでしょう。
MT5にはこのような状況を避けるための機能も充実しています。通貨ペアを表示する際、必要なペアのみを表示し、その他のペアを表示しないように設定できるようになっているのです。
ご自身の投資スタイルに合わせて、表示のカスタマイズをしておくと非常に使いやすくなるでしょう。

ストップロス(損切)・テイクプロフィット(利確)を設定してみよう

FXトレードをするといっても、一日中画面を見ていられる方はほとんどいないかと思います。仕事があったり学校があったり、家事を行う必要があったりと、ある程度放置する時間があるでしょう。
そんな方にありがたいのが損切と利確です。一般的に投資は自力で売り買いを行うものですが、この損切と利確を設定しておけば主導ではなく自動で売り買いをすることが可能になります。
損切は「設定した値まで下がったら、それ以上損しないために売る」ための設定です。利確はその反対で「設定した値まで上がったら、その時点で売って利益を確定させる」ための設定となります。損切は傷口を広げないために、利確は確実に利益を手にするために行う設定です。特にサラリーマンなどで、日中トレードの状況を確認するのが難しい方にはありがたいシステムとなっています。
トレードに慣れてきたらこうした設定も活用し、きっちりと利益を出せるようにしましょう。

MT5を便利に利用するには?

続いてMT5を利用する際、気を付けたいポイント、並びに知っておくと便利なポイントについて解説しておきます。

MT5は日本時間表示がない

MT5のページにも時計表示はありますが、これは日本時間ではありません。もちろん時差を把握して常に頭の中で計算すれば問題ありませんが、それが段々億劫になってしまうこともあるかと思います。そんな方にオススメなのが、MT5で日本時間を表示するインジケーターです。
インジケーターとはMT5を利用する際、より便利に利用できるようにする外部からの付加機能です。この付加機能の中から、時刻表示を日本時間に表示できるインジケーターがあり、これをダウンロードしておけば、MT5をもっと直感的に利用することができます。

他にも便利なインジゲーターは?

他にも便利なインジケーターは多数ありますが、トレードに不慣れな方には使い方のわからないものも多く、どれを使っていいか判断できない方もいるかと思います。基本的にはMT5自体が非常に優秀なツールのため、多くのインジケーターは必要ないでしょう。そんな中で設定しておくべきなのは、「移動平均線」を表示するインジケーターの活用です。
テレビなどでデイトレーダーの自宅でPC画面が映るとよく表示されている、折れ線グラフのような画面が移動平均線と考えれば大きな問題はありません。
移動平均線の見方が分かるとトレード自体の考え方の基本がわかるようになり、必然的に利益も出しやすくなります。最初はよくわからなくても、見ていることで覚えることもあるので利用してみることをオススメします。

まとめ

新規参入となる取引所FXGTと、現状最新と言われるトレードアプリMT5。非常に使いやすく、よりニーズに合ったサービスを受けることができます。新規ということで不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、FXGTは既存の取引所の役員クラスが集まって始めた取引所だけに、大きな不安はありません。MT5もMT4までのノウハウがあっての最新アプリのため、使いにくいということはないでしょう。

特にこれからFXを始めようという方には非常に使いやすいツールなので、経験が浅い方、未経験の方には特にオススメです。もちろん機能やサービスも充実しているので、経験者の方にもオススメ。実際にこれまで利用していた取引所からFXGTの乗り換える方もいるようです。
取引銘柄が多く、追証ナシという点を鑑みても、一度使ってみる価値のある取引所と言っていいでしょう。